2012年09月22日

焼尻島 後編

じゃあ早速ですが後編行きますぜ〜

IMG_6204.jpg

近づいてみればトーテムポールが立っとるわ。
友人曰くマクドナルドさんが1848年に上陸した記念碑?らしい。
ちなみに聞いたこの時ハンバーガーの方だと思ってましたw
実際調べてみればラナルド・マクドナルドさんという方の記念碑で
日本初の英語教師の方なんだそうです。
日本に相当憧れていたようで無茶をして焼尻までやってきたそうです。
その教え子達が黒船で有名なペリーとの通訳をしたそうな。
今思えば北海道では珍しい、歴史のある場所だったようです。

IMG_6205.jpg

こ、この姿はもしかして・・・ピカチュウ・・なの・・か・・
1848年にもうピカチュウがいたってことなのか!?
なんとも恐ろしい事実が判ってしまいました。
どうやらピカチュウはネイティブアメリカンの精霊の一種だったようです(迫真
もちろん嘘なので信じちゃイヤン。

IMG_6210.jpg

とりあえず観光スポットを求めて移動します。
看板を見ると「オンコの荘」と言う場所があるようなので向ってみます。

IMG_6212.jpg

ほんと長閑な景色だわ。道民以外の人だとこれぞ北海道って感じかな?
遠くに白い小さなモノが見え始めました。
まさか!と期待して近づいてみると・・・

IMG_6216.jpg

やっと・・・やっと会えたね・・・
感動に打ち震える私の隣で友人は必死に羊の鳴き声を真似ておりました。
友人の頑張りに対して羊の反応はイマイチだった事が救いかww

IMG_6221.jpg

先へ進んでいくと今まで無かったような森?の中へと誘われます。

IMG_6222.jpg

「奇木 般若の木」
どう般若なのかはわかりませんが、奇木という事は間違いないと思いたい。
この日初めて知ったんですが、オンコ(イチイ)って結構大きく成長するのね。
家の生垣とかで偶に見るくらいだから小さなままだと思ってましたわ。

IMG_6223.jpg

小さな島なんですが、意外と森?が深い。
どんどん進んで行くんですが、人があんまり来てないせいかクモの巣だらけで
まいっちんぐ。ソーサリアンの如く地図を振り回して先に進んでいても
気がつけばクモの巣だらけなんだものさ。
これが閑散期の罠だとでも言うのか・・・

IMG_6225.jpg

やっとこさ見通しの良い所までやってきました。
どうやらここがオンコの荘らしい。
曇ってなければ凄く綺麗な景色が拝めそうなポイントです。
曇っていると我々オッサン二人のように会話が減るので注意な!

IMG_6229.jpg

またすぐに森?に入るんですが、今度は珍木シリーズ「天狗の腰掛」に遭遇。
まさか焼尻にも天狗が!?私、気にな(以下ry

IMG_6231.jpg

先へ進むと「ウグイス橋」の看板があったのでやってきてみました。
友人は鶯が居ると期待していたようですが、鳥の鳴き声は一切聞こえません。
季節が違うからなのかね?それともウグイス貼りなのか?とか考えつつ渡ろうと
すると橋の真中に嫌なモノが・・・

IMG_6233.jpg

穴です。見事に穴が開いてるわけですよ。
そんな状態の橋を渡るのを躊躇してると友人は何事も無いように渡っていくのです。
マムシの時はあれだけビビッていたのにですぜwちょっと見直しちまったのは秘密w
で、渡ってみたんですが考えていたウグイス貼りは見事に否定されました。
やっぱり季節によっては鶯でもいるのかね?

IMG_6238.jpg

橋を超えて行くと島の真中を走る大きな道路に出ます。
恐らくここが一番北海道らしい景色を楽しめる所だと思われます。

IMG_6236.jpg

先ほどの羊が三頭いた場所とは違い、こちらは沢山の羊たちがおります。
この可愛らしい羊たちはこれから食べられてしまうわけですが、そこは近い未来の話。
なのであまり深く考えてはいけません。

IMG_6241.jpg

島の最北端に到着。
ここまで約8キロ前後は歩いたかな?
鷹の巣園地という場所なのですが、案の定鳥の気配はしませんw
というか、此処って鷹いるんでしょうか?

IMG_6242.jpg

帰りは港の反対側の道を選びました。
途中に猫を発見に和む二人。

IMG_6246.jpg

友人曰く猫の散歩コースらしく後ろをついてきます。
振り返るとニャーニャーとこちらを誘ってくるわけです。
抱きしめたいぞガ○ダム!

IMG_6247.jpg

すっかり忘れておりましたが、焼尻島はテレビドラマ版の幸せの黄色いハンカチの
ロケ地なのですよ。こんな感じで大変わかりやすくハンカチがぶら下げられております
ので阿部寛ファンの方は是非、焼尻島までお越しください。
阿部寛は至高の存在なのでファンの方は来ないと「にわか扱い」されますので注意です。

IMG_6250.jpg

本当にのんびりというか何も無い・・・
これで霧が出たらリアルサイレントヒルを楽しめるとか考えながらも先に進むと
住民から声をかけられます。ここで天売にマムシが入ってきた由来を聞く事に。
しかしリアルってのはMOBの情報量が素晴らしいわ(失礼な事書いて申し訳ない)

IMG_6253.jpg

咽喉が渇いたので地図で商店を探して来たら閉店してました。
島には元々5店舗ほどあったようですが、見た感じ3店舗のみやってる模様。
確かに住人の数とか考えると難しいところですわなぁ。

IMG_6256.jpg

島で唯一の信号機。久々に見たのでテンション上がっちゃったらしく
友人が押しボタンを押して赤信号にしてました。
ってかどんだけこのオッサンは元気なんだw

IMG_6257.jpg

焼尻発電所。
恐らく二つの島の電気はここで作られている?
火力発電っぽいけど、意外と小さい。
島二つくらいならこのくらいの大きさでいけるんだろうかね?

IMG_6259.jpg

工兵街道記念碑
フェリーターミナルの逆側の道沿いに建っています。
第二次世界大戦中に工兵さんが崖を切り崩して道を作った記念碑らしい。
人手と道具等を想像すると凄く大変だったでしょうなぁ。

IMG_6266.jpg

港へ向っていると友人が「二次だ!」と叫びます。
どんだけ二次が好きなのよと指を刺した方角を見てみれば綺麗な虹が。
虹の根っこを見たのは初めてですが結構感動するもんですなぁ。
昔の人は虹の根元には財宝が埋まっているとか言ってたようですが
海の下には無いよねぇ・・・
もしかしたら沈没船に財宝が?いや、そんな事あるわけないわなw

IMG_6270.jpg

でっかいオロロン鳥がいる所近辺にフェリーターミナルがあります。
ようやく島を徒歩で一周できたというわけですわ。
一昨日の筋肉痛の原因はこれですなw
十数キロアップダウンを繰り返せばそりゃ足も痛くなりますわな。
でも後悔なんてしてないんだぜ?
徒歩で一周した事にこそ達成感があるのだから。

じゃ、焼尻島の総評?でもいきましょか。
天売島とは違い、牧草地が広がっている北海道らしい景色を楽しめます。
海産物は天売と同様美味しいらしいですが、実際食べてませんので不明。
季節によってはサフォーク種の羊を食べられますが、予約が必要みたいです。
のんびりしたい方にお勧めしたい所ではありますが、宿が少ないために
天売と比べると腰を据えてじっくり楽しむのは難しいかもしれません。
と、こんな感じでしたわ。

二つの島を周ってみた私が宣伝するとすればこんな感じ。
この天売焼尻は一泊二日でも十分楽しめる場所なので、短い休みしか取れない
方には大変お勧めできるポイントだと思います。(季節が重要だけどねw)

最後に。
やっぱり三日に分けちゃうと文章が纏まらんのでダメダメよねぇ。
大変御見苦しいものを見せてしまって申し訳ない気持ちでオッパイです。
利尻島にも行きたい所なのですが、10月には職訓が始まるのですぐ行くのは
ちょっち難しい感じです。でも、これからも北海道を日帰りで旅行する事は
あるはずなので暇な方は是非見てやっていただけると幸いです。
毎度ながら締めもしっかり出来ませんが、また。


日本一周を応援していただける方は↓のバナーのクリックをお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村   にほんブログ村
↑のバナーでブログ村にジャンプ出来ます。面白いブログが見つかるかも

posted by クニャ at 23:18 | Comment(0) | 日本一周 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

焼尻島 前編

何て言ったらいいだろう・・・
そのさ、俺・・・・
脛の下の筋肉が痛い!!

俗に言う筋肉痛ってやつが俺を悩まさせています。
なんでこんな事になったのか焼尻島で起きた事を振り返ってみたいと思います。

IMG_6126.jpg

朝7時に起床し朝食を美味しく頂戴しました。
やはり海産物は島で食べるに限るわ。なんでこんなに島のものって美味いん?

IMG_6127.jpg

外は大雨。そんな状況だったので散歩も出来ず、フェリー出発まで部屋に
篭っておりました。勿体無い気もしますが、雨の中民宿でのんびりするってのも
なかなかに良いものでした。

IMG_6128.jpg

昨日取り忘れた民宿「青い鳥」の外観です。
ご主人が大変素晴らしい方で気持ち良く泊まる事ができました。
御飯も美味しかったし、閑散期だったから人も居ないしで大変満足。
一泊二食付きで7350円とコストパフォーマンスも良く素晴らしい。
ゆっくりのんびりしたい方は閑散期に是非とも天売島へお越しください。
メンソーレ。

IMG_6129.jpg

昨日自転車を借りたお店にやって参りました。
私を存分に苦しめたママチャリとも此処でサヨナラです。
オバちゃんに別れを告げていざ焼尻島へ。
ちなみに此処は半日1000円で借りる事ができるので島を楽に巡りたい方にはお勧めですぜ。

IMG_6132.jpg

雨が止む事を期待していたんですけど、止む事も無くフェリーは出航の時間に。

ここら辺で天売島の総評?をちょいと書いときます。
北海道の留萌北西に浮かぶ小さな島。
季節によっては海鳥が空を飛び、オロロン鳥やウトウ等を見る事ができる。
美味しい海産物を食べる事ができ高級なウニ等の海産物が安い。
島特有のゆったりした空気が流れており、のんびりとした時間を楽しめる。
忙しい毎日に疲れた方に最適な静養所となりえる観光地です。
って感じかな。


ここからが焼尻前編

IMG_6174.jpg

フェリー内にいた御犬様。
どうやら船に慣れているらしく波に揺られている間もしっかりと荷物番してました。
犬を眺めてウトウトしてると焼尻に到着。

IMG_6180.jpg

大雨ってレベルじゃねぇぞ!!
ホント素晴らしいくらいの豪雨だったのでフェリーターミナルに逃げ込みました。
30分程のんびりしてると雨脚が弱まったので商店を探して移動開始。

IMG_6181.jpg

商店に向かったのには大きな理由があるのです。
SDカード?いやいや、もう無いのはわかってますからww
理由は傘を買うためです。台風が接近してるのわかってるのに二人とも傘を
持ってきてないでやんの。まったく奇跡に頼り過ぎで困るわw

IMG_6183.jpg

商店という戦場を潜り抜け、天気が宜しくないのもあり自転車を借りずにオッサン二人は
未知なるエリアに歩き出しました。え?傘?何を言ってますの?
島の商店は生活に必要な物しか扱ってないのだから無いに決まってるっしょ。

確かに島の人は常備してるから当たり前なんですけどもさ〜
まさか傘を売ってないとは思いもしなんだわさ。
という事なので傘はしっかり自前の物を用意して行きましょう。

IMG_6188.jpg

良いねぇ。こういう寂れた感じがとても良いわ。
でも何でひっくり返ったまま放置されているんだろ?
もしかして、この下には蓋があって黒帯さんが中にいたりするのか・・・
※蓋と黒帯さんに関しては「洒落怖 蓋」で調べると出てくるので気になった方は是非。

IMG_6189.jpg

こういう建物と小道ってのも良いねぇ。
やっぱり島ってこういう感じが無いと始まらないわ。
人が住んでいるんだけど気配が無い感じって言うとわかるかな?

IMG_6192.jpg

雑草と海。
これを撮ってる頃に雨が止みました。
やはりオッサン二人旅ってのは奇跡が起こるものなのですよ。
カップルや夫婦等のリア充には奇跡は用意されておりませんので注意です。

IMG_6193.jpg

鳥発見!!
もちろんカラスですよ?どうかしたんですか?
何も撮るものが無いからってカラスを撮ろうとしたわけじゃないんだから!
カラスが暇そうにしてたから構ってあげただけなんだからね!本当な(以下ry

IMG_6195.jpg

さて皆様、焼尻島で特産物はと言うと海産物もそうですが羊も有名なのですよ。
サフォーク種という大変美味しい羊さんが特産物なのです。
で、地図によるとここに居るらしいんですけども・・・

IMG_6198.jpg

良い景色が広がってるなぁ〜。
さて、先を急ぐか。
泣いてなんかないやい・・・べ、別に居なくたって寂しくなんかないし!
他の場所なら居るかもしれないし!

IMG_6202.jpg

やけに海風が目に染みやがるぜ・・・
俺の羊さんたちは何処にいるんだい・・・

IMG_6203.jpg

な!あ、あれはまさか・・・
・・


次回予告
謎のオブジェを見つけたオッサン二人組み。
オブジェに秘められた思いから、この土地に隠された秘密が明らかになる
次回「焼尻 後編」お楽しみに。

あとがき
今日で焼尻を終わらせる予定だったんですが、写真が40枚ほどあったので
前編後編に分けさせていただきました。
ものまねを見ていたので時間が無かったのも理由の一つなんですけどw
今日はゆる〜い更新になっちゃってゴメンクサイ。
それでは〜また〜明日〜

日本一周を応援していただける方は↓のバナーのクリックをお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村   にほんブログ村
↑のバナーでブログ村にジャンプ出来ます。面白いブログが見つかるかも

posted by クニャ at 23:43 | Comment(0) | 日本一周 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月20日

天売島と穴

ふぁ〜良く寝たわ〜。
昨日までの三日間の睡眠合計時間が9時間の俺が来ましたよっと。

さて、本日は天売・焼尻島の旅の天売編を書いていこうと思います。
有名なオロロン鳥(ウミガラス)やウトウで有名な天売島ですので、それを楽しみに
向かったわけですが・・・

IMG_6092.jpg

9時ごろに友人と合流し、羽幌へと向かいます。
その途中で給油休憩。台風が朝鮮半島に向かってくれたおかげで晴天なり。
この天候と久々の旅なので気分はアゲアゲ状態。

IMG_6094.jpg

そんな状態だったのでiphoneアプリの「漫画カメラ」なんかを使ってみたりw
トンボがオラオラなのは私のテンションレベルの賜物です。
途中のコンビニで休憩してる際に撮ったものなんですが、この時に大変な事が
わかってしまうのです。それは・・・
二人ともウニが苦手という事実が発覚!!
天売島は海産物が有名ですが、ウニが美味しい所としても有名なのにですw
なんという現実!あまりに過酷すぐるww

IMG_6102.jpg

そんな苦しい現実を知りながらも羽幌のフェリーターミナルに到着。
でっかい鳥のモニュメントが見えると思いますが、こいつがオロロン鳥です。
鳴き声がオロロンと聞こえてくる事からウミガラスをオロロン鳥と呼んでいるそうです。

IMG_6096.jpg

やっぱり何処に行っても「萌え」の文化が最高だと私は思うのです。
羽幌も例に漏れず、素晴らしい萌え文化を私に披露してくれました。
この写真は留萌地方を定額でバス移動できる「萌えっ子フリー切符」のポスター。
色々と萌える(?)キャラクターがいるので「萌え」を追求している貴方は
留萌へGOして下さい。みくるちゃんも居るんだから来るしかないっしょw

IMG_6099.jpg

色々と感動しつつフェリーに乗船。ちなみに車は置いていきます。
本当は載せていきたかったのですよ?しかしですな、如何せん高いのですわ。
羽幌〜焼尻〜天売を往復すると2万くらいかかってしまうのです。
それに島は一周12キロくらいなので車を使う事も無いかな〜と。

そして、この時再び事件が発生するのです。
友人がカメラチェックをしていたら、SDカードを忘れたとの事。
まさにm9(^Д^)プギャーでメシウマ状態w
出発まで時間も無かったので街へも行けず、観光地ならば売ってるだろうという
とてもスイーツな考えで我々は島へと旅立つ事になってしまったのです。

P9183017.jpg

海面に反射する光がとても綺麗だったので一枚。
フィルターとかあればもうちょい綺麗な画を撮れるのかな〜とか思いつつ
波に揺られて島へフェリーは進んでいきます。

IMG_6113.jpg

ぬぬぅ、結構波高いのよさ。
台風の影響はしっかり出とりましたが、なんとか立ち上がって一枚。
一時間半の短くも長い戦いが私の心と体を蝕んでいきます。

IMG_6115.jpg

少しゲッソリしながらもフェリーは焼尻を経由して天売島に到着。
予約してあった民宿「青い鳥」の主人が向かえに来てくれておりました。
隣でパトカーを見た友人が(自転車の)無灯火で捕まるわぁとか喚いておりましたが
これも奴のお約束。友人は警察を敵視しております故w
変な会話をしつつ宿の主人と合流し、荷物を置いて島探索開始です。

IMG_6118.jpg

ここは天売島で唯一の資料館「海の宇宙館」。
海鳥の説明等があり、他のブログでもココは来た方が良いみたいな事が
よく書いてある定番スポットらしい。
しかし、我々は生で海鳥を見に来ているのでココはスルー。
友人の為にもまずはSDカードを求めて商店へと向かいます。

IMG_6119.jpg

商店という戦場を潜り抜け厳島神社に来てみました。
ここにも厳島神社があるのにビックリするわけですが、え?SDカードはどうしたって?
何を言ってるんですか?島の生活に必要な物品だけの商店にあるわけ無いでしょ。
まったく皆さんはお茶目すぎ。北海道の離島に幻想もったらいかんぜよ。
切さ過ぎて涙を流した現実は、そう、過去の事だからさ。
かくして友人はメインウェポンを封印され、サブのiphoneに頼る事になったのです。
めでたしめでたし。

P9183023.jpg

哀愁でえと
感じるものは人それぞれ。
でも、自分にとってはこれが天売ってイメージかなと。

P9183030.jpg

こんな感じの景色が広がっているのが天売。
夕方だから物凄い寂しい感じになってしまってるのが残念。
晴れ渡っていれば素晴らしい景色が眺められるのは間違いない島だと思います。

P9183034.jpg

マムシ注意の看板があちらこちらにあります。
翌日の焼尻島の住民に聞いた話ですが、北海道からの荷物に紛れて入ってきたらしい。
そう言えば医院って見かけなかったけど噛まれたらどうなるんでしょ?
島にいる時は気付かなかったけど、今考えると危なかったのねぇ。

P9183041.jpg

こういう風景を見ると秋を感じますなぁ。
この時、自分は汗だくで写真を撮ってましたけどねw
だって9月の中過ぎなのに30度越えでっせ?どうした北海道。

P9183043.jpg

レンタサイクルで坂を上っていきます。
目的地までの2キロ前後はずっと坂道なのです。
もちろん立ち漕ぎで全力疾走したぜ!と言いたい所ですが
190センチの巨体にママチャリは辛すぎたのだよ。
大人が子供用自転車に乗ってる感じと言えばわかってもらえるだろうか?
おかげで坂道はほとんど押してましたわw

P9183051.jpg

ヒィーヒィー言いながら自転車を押しつつ漸く目的地到着。
ここがオロロン鳥の巣を見る事ができる場所なのですぜ。
自分のイメージだと鳥が飛び交っている場所だったはずなんですが
一切気配無し。ま、まさか・・・

P9183054.jpg

夕方だから巣で寝てるはずだ!と自分に言い聞かせ前へ進みます。

P9183061.jpg

woo・・・
穴だわ・・・
中は・・・空ね・・・・
いや、良いんですよ。慰めてくれなくても。
確かに時期外れに来てるからほとんどいないとは思ってましたよ。
でも一匹もいねぇなんてさ・・・どういう事だゴラアアアアアア!!
という事なので海鳥を観察したい方はしっかりと時期通りに来てくださいね。
私のように凄い悲しみを心に刻むことになりますから・・・

P9183062.jpg

穴の先には下へ階段がありました。
恐らく、沢山の鳥達を眺めながら海へと降りていくのを目的としているのでしょう。
決してこの時期に残念な気持ちになって飛び込みたくなった方の為のものでは無い
と思いたいw

P9183075.jpg

踊り場から下を眺めてみると海が物凄く綺麗でした。
屋久島の海も綺麗だったけど、こっちの海も悪くないのだぜ?
入りたい海の色ではないけど、見て楽しむ感じと言うべきかな?
少し北海道から離れただけでこれだけ海が綺麗になるってさ
沢山の人が生活するってそれだけ自然を汚す事なんだなぁ。

P9183096.jpg

島を一周してる際に見つけたバードウォチング用の小屋。
勿論誰も居ませんでしたけど何か?
勿論鳥の鳴き声すら聞こえませんでしたけど、それが何か?

P9183098.jpg

寂しい感じがするけども、個人的には結構気に入ったスポット。
観光シーズンであれば空を沢山の鳥が飛んでいるんだろうなぁ・・・とか
思いつつもコレはコレで良い感じと思ったりしてみたり。

P9183100.jpg

日が沈む・・・
たった2時間くらいでしたけど、とても長く有意義に感じられた一日でした。
島を一周するって何でこんなに達成した気分になれるんだろうか。
そんな事を考えながら全速力で宿へ向かいます。
だって此処は町の反対側で外灯無いし、自転車にライト付いて無いんだものw

IMG_6125.jpg

「青い鳥」に帰り、風呂を浴びて食事。
ウニシーズンを外していたので出てこないと油断していたウニが出てきましたw
9月14日が漁の最終だったようで、その最終分にありつけたようです。
苦手だったんですけども、やはりそこは新鮮なウニ。
二人ともしっかり完食。新鮮なものはやっぱり美味いんだねぇ。
そして、一昨日の泥酔更新に繋がるわけですw

この後雨が降り続け、寝たのが3時ごろ。
オッサン二人となると色々と話が出てくるものでナカナカ寝られないわけですw
こんな感じで一日目が終了しました。
天売島の総括は明日の更新で全てをお話できると思います。
ちょっと最後が端折り過ぎてますけど、その点はご勘弁を。
気付いたら更新に2時間半も使ってしまって日付が変わりそうw
というわけで明日の更新もお楽しみに。

日本一周を応援していただける方は↓のバナーのクリックをお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村   にほんブログ村
↑のバナーでブログ村にジャンプ出来ます。面白いブログが見つかるかも

posted by クニャ at 23:56 | Comment(0) | 日本一周 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。