2012年11月19日

構造体に共用体

いや、すんません。今日は短い更新です。
構造体に関して書こうと色々考えていたんですが、ムズイのだよ。
色々な型を一まとめにして一つの型として使うと言うのが適切なのだろうか?
似たような物で配列ってのがあるんですが、あれは一つの型しか使えんものです。
整数系のint型とか文字系のchar型とかを一種類だけね。
データベースを作る際に番号(int)と名前(char)があるわけですが、配列では纏め
られないわけです。そんな時に使うのが構造体という事らしい。

構造体と似たような共用体ってのもいるんですが、これがまたややこしい。
扱える型は同じなので便利そうではあるんですけど、一つの事しか覚えられないの
です。例えば社員番号を記憶させて名前を記憶させようとすると社員番号が消えて
しまう。一回毎に記憶したものをすぐ吐き出さないといけないヘンテコ仕様なのです
わ。記憶する場所が全て共用してるからってのが理由らしいんですが、使い道がさっ
ぱりわからんとです。詳しい方に話を聞いてみたんですが、ビットマスク処理等で
使う事があるらしい。

で、ビットマスク処理ってやつを調べてみたんですが・・・
ん〜、イマイチわからん。以前コンピューターの回路を勉強した時に出てきたAND、OR、
EORみたいな事を使って、反転処理させる事らしいのだけども、さてはて?
反転処理を行ったデータだけが残る事に意味があるとかなのかな?

今更に調べてみたんですが、更にわからんくなったわww
共用体メンバの中の一番大きいビット数に合わされるのは何となくわかったけども
いじる値の型によってまた更に大きさが変わる(小さくなる)らしい。
これが何の役に立つのか更にわからなくなったぞwとりあえず構造体マスターする
のが先決なのか?イィィイヤァァァアア!!頭が、頭が割れそうだよ兄さん・・・

たぶんナイトヘッドネタなんてわからんとは思うけども、現在マジでそんな感じで
ごんす。もう少し調べてから寝ますけど、やばいわ〜C言語本当にやばいわ〜。
そんなわけで、短いですけど本日は終了とします。それではばいなら〜。


日本一周を応援していただける方は↓のバナーのクリックをお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村   にほんブログ村
↑のバナーでブログ村にジャンプ出来ます。面白いブログが見つかるかも

posted by クニャ at 23:33 | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。