2012年11月17日

男の料理 〜ハンバーグ編〜

君は男の料理を知っているか?
荒くれた野郎共が集う酒場で出てくるようなギトギトの肉料理。
ビールを飲みながら作るカロリー無視のツマミのような料理も良いだろう。
そう、男臭さが前面に出てくる料理が男の料理なのである!ズバンッ

はい、それでは本日はハンバーグを作りたいと思います。
普通?面白くない?わかってないわ〜本当〜にわかってないわ〜。
如何にしてどこの家庭でも食べられる料理を、美味しく作るのかってのも
男の料理の醍醐味なのだぜ?そしてどれだけ手抜きして作れるかもポイント
なのだぜ?というわけなので久々に写真でGO!

IMG_6321.jpg

材料の紹介からいくZE!
・ハンバーグの種:
牛豚合挽き肉 約300g程度
玉ねぎ  だいたい1/2個くらいを微塵切りにしておく。
パン粉  手のひら一盛くらい
マヨネーズ  恐らく大匙1杯〜2杯程度
塩、胡椒、ナツメグ  多すぎず少なすぎずの気持ち程度
・赤ワインソース:
赤ワイン  白ワイングラスに一杯くらい
ケチャップ  大匙1〜2杯?
トンカツソース等  大匙1杯程度
醤油  香り付け程度の量(小さじ1杯程度か?)

IMG_6326.jpg

・手順1
微塵切りした玉ねぎにパン粉、マヨネーズ、塩、胡椒、ナツメグ、挽肉を混ぜる。
混ぜる前にしっかりと心の準備をしておきましょう。ただ混ぜるだけでは気持ちが
乗らない恐れがあるので、何かになりきると作業が捗ります。
※玉ねぎは生でもOKですが、玉ねぎを乾煎りしておいた方が肉汁が玉ねぎに染込み
やすくなります。飴玉しちゃっても良いんですが、歯応えがゼロに近くなるし時間
もかかるのでそこら辺は好き好きで。

IMG_6327.jpg

俺は肉を捏ねるぞーっ!ジョジョーっ!
一心不乱に捏ねくりましょう。しかしその時に波紋エネルギーを出さないように。
理由は諸説ありますが、熱で旨み成分の元の脂肪が溶けてしまう為だと思われ。
できるならばディオのように気化冷凍法を用いて作業すると良いでしょう。

IMG_6329.jpg

捏ねくり回した後、形を整えつつお手玉をして空気を抜いていきます。
空気が中に残っていると焼いている際に割れてしまい肉汁が外に出てしまうから。
今回ラップに包んでいるのは一度冷蔵庫に保存する為です。すぐ焼いて食べるよう
ならば包む必要は無いのでそのまま一気にフライパンに。

IMG_6333.jpg

中火から強火一歩手前位の火力で焼きましょう。A面に焦げ目がついたらB面に。
この時に中まで火を通す必要はありませんので一気にやってしまいましょう。
下手に火力を落とすと肉汁が抜けてしまいボソボソになる可能性が高いです。

IMG_6335.jpg

B面にも程よく焦げ目がついたら再度ひっくり返してA面へ。
そしてすぐに赤ワインを投入します。赤ワインソース用なのですが、蒸すのにも
使用します。赤ワインが無ければ水でも良いんですが、男の料理を気取りたいの
なら赤ワインを買ってくるのが当たり前と思うべき。
量は全部を入れるのではなく、ハンバーグを1/3程度隠すくらいの量を入れます。
恐らくワイングラスの8割〜9割程度入れれば丁度良いかと思われ。
入れたら蓋をして中火程度に。蒸し焼きする為ですしおすし。

IMG_6336.jpg

焼き上がりますた。時間は大体7〜10分前後。ワインが少し残るくらいかな。
普通ド素人は蒸し焼きするのを嫌がりますが、蒸し焼きorオーブンを使うのが
通のやり方です(キリッ。確かに蒸し焼きするとフニャりそうで嫌なのもわかるん
ですが全然問題ないですぜ。逆に蒸す事で中にしっかりと火が通り、焦げすぎ
る事が無いので慣れていない方にもお勧めの調理方法なのだぜ。
上が少し割れていますが、男の料理は細かい事は気にしてはいけません。
・・・・もう少し捏ねるべきだったか?それともパン粉が少なすぎたか?

IMG_6338.jpg

ここからが時間との勝負。フライパンに残っている肉汁&ワインにケチャップと
ソース、醤油、残っているワインを投入。フライパンについている肉汁をこそぎ
落とすようにして混ぜ混ぜし、煮立たせて終了。

IMG_6339.jpg

赤ワインソースをぶっかけて完了。見た目が地味すぎるのも男の料理の醍醐味也。
味の方は・・・・美味すぐるっ!!肉汁も割れた部分以外はしっかり残ってます。
赤ワインで蒸したおかげで味も深みが増し、柔らかくなるのですぜよ。
食後後片付けをして本日の男の料理は終了と相成りました。

分量が適当すぎる!とかディオって誰?とか色々言いたい事があるとは思いますが
そこらへんは、まぁ、そのぅ・・・・太陽嵐のせいって事にしといて下さい。
ぶっちゃけ分量に関しては計って作ってるわけではないので目分量なのですよ。
料理を齧った人ならば大体そうだと思いますが、ハンバーグくらい簡単なものだと
使う必要がほとんど無いのですよ。塩とか胡椒とか一瓶入れちゃうくらい可愛い
事をやらなければ不味く作る方が難しいくらいの料理だもの。入れすぎ入れなさ過
ぎなんて事がなければ失敗する事はないからね。

自分不器用ですからなんて人でどうしても男らしく目分量で作りたいと思っている
方は塩水とか砂糖水とか作ってみると良いかも?どれだけの分量で味が変わるか
わかるようになると、料理でどの位入れると良いかが感覚的にわかる気がします。
ま、初めての料理で目分量は流石に危険すぎるがなw(体験談

と、こんな感じで久々にしっかりと更新してみましたわん。
少し上から目線な書き方をしておりますが、やった人間の特権なのだよw
やらないのに本気出せば出来るなんて方も是非ともチャレンジして頂きたい。
やらないよりやった方が達成感あって面白いのだからさ。


日本一周を応援していただける方は↓のバナーのクリックをお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村   にほんブログ村
↑のバナーでブログ村にジャンプ出来ます。面白いブログが見つかるかも

posted by クニャ at 23:26 | Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。