2012年09月06日

私、気になります! 〜ギター編〜

ネタ不足の毎日が続いておりますが、皆様如何お過ごしでしょうか?
本日は趣向を変えまして、気になる事等を書いていきたいと思います。
今日のお題は・・・・

ギターチェリーBが語るエレキギターの種類

ギターチェリーBってのはギター童貞野郎・・・って言わせんな恥ずかしい。
簡単に言うと初心者が語るギターの種類についてですわ。
恐らくこれから始めようとする人も選ぼうにもさっぱりわからんって人が多いのではと。
本日は気を利かせてド素人の調べた知識を曝け出してみようってわけです。
このDT野郎がっ!とか罵っても良いのよ?

エレキギターの種類を語る前に、まずコレから話しておきましょう。
※ド素人の調べた事なので違ったらスマソ

・ピックアップについて。
通称PUと言われ、弦の振動を拾って電気信号に変換するユニット。
シングルコイルとハムバッキングの二種類があり、それぞれ特徴が違う。
シングルは軽く突き抜ける感じでぇ〜ハムは重くこもる感じみたいな〜。
そんな感じのエレキギターの大事なユニットなのです。

エレキはアコギとは違って電気信号を音にする仕様なので一応書いときました。
さて、次からがギターの種類についてでごんす。

・フルアコースティックギター
エレキでは無いフォークアコースティックのように中は空洞のギター。
フォークアコギの優しさとエレキの尖がりが醸しだすハーモニー。
ギャンギャン鳴らす人には要らないギターか?

・セミアコースティックギター
フルと比べると空洞が減り薄くなったギター。
フォークらしさを残しつつエレキを楽しめるギターらしい。
有名所だとギブソンの335なんかがコレらしいけど、詳しくはわからんw

・ソリッドギター
ソリッドの名前のとおり中身が詰まっているギター。
恐らく皆様が知っているエレキギターのほとんどがコレかな〜と。
イメージはアルフィーの高見沢さんって事でFA?

と、大まかな種類はこの3種類のようです。
たぶんここら辺でストラトとかレスポールは?ってなると思うんだけども
これはソリッドギターの種類なのですわ。
それじゃ、次はソリッドギターの種類についていきましょか。

・ストラトキャスター 通称ストラト
ソリッドギターの一種でPUにシングルコイル×3を使用しているカッチョ良いギター。
しっかりきっかりな音を出せるけど重い音は苦手。重量は軽く持ちやすい。

・テレキャスター 通称テレキャス
ストラトの元になった由緒正しきギター。PUが二個でシングル×2の場合もあれば
ハムとシングルの二つの構成のものもあるらしい。音は軽めらしいけど詳しくは不明。
布袋寅泰さんが使っているタイプなのでキルビルな人にはお勧めか?

・レスポール 通称LP
有名なミュージシャンのレスポール氏とギブソン社が手を取り合って作ったらしい。
PUがハム×2の仕様なのでストラトとは違って重い音を出すのに適しているらしい。
シングルカッタウェイ(本体の上横半分が抉れている)形状なので見た目地味だが
派手な演奏で使われる事も多いらしい。重たいギター。
平沢唯が愛用しているギターらしいが「けいおん」を見てない俺に隙は無かった。

・SG(ソリッドギター) 通称SG
レスポールが流行らなくなってきた時にギブソン社が苦し紛れに出したギター。
当初はレスポールSGと呼ばれたがレスポール氏との契約切れでSGという名前に。
軽量化する為に本体を薄くした為にヘッドが下がりやすいのが欠点だが
ダブルカッタウェイ形状によりハイポジ(ネックの下部分)が弾きやすくなっている。
「ハルヒ弾いてろ」なんて言われる事もしばしばだとか。
PUはレスポールと同じくハム×2。レスポールの音を軽くした感じらしい。

・ムスタング 通称ムスタング
じゃじゃ馬の名前が付いてるギターですが、構造から見るとそんな事もないような。
PUがシングル×2のちょっぴり非力な感じのする使用です。
特徴としてはストラトのネックが短い軽いギターって感じかな?
詳しい方曰く「あずにゃんprpr」らしいがどういう事なの?

・フライングV 通称・・・あるの?
>− こんな感じの先進的デザインのギター。PUはハム×2らしい。
新しそうなギターに見えるけど、実はかなり歴史は古く1958年頃からあったらしい。
ロックやるならってコレってイメージが強いけどそんな事も無いようですぜ。
見た目は好みなんだけど座って弾くのが困難なのが玉に瑕。
重たい音を鳴らしたい、そしてナウい形状が欲しいならコレ!・・なのか?

・他多数
というのも色々と種類がありすぎてわからんw
PUがシングルとハムの混合になっていて位置やボディ形状によって違うらしい。

最後らへんがかなり適当ですが、何となく種類はわかりましたでしょうか?
フルアコやセミアコは・・・・興味あったら調べてみてちょw
これでも選べないって人は、好きなアーティストと同じタイプのものを選ぶべし。

最後に。
よく効くフレーズで「店で実際に弾いてみれ」ってのがありますが
初心者にはあまり適切では無いので言われても思いつめないように。
弦の押さえ方もしっかりしてないで弾きに行っても良し悪しはわからんもんw
ただ、ネックの長さ等もあるので大きさや形状を確かめるには良い機会になる
と思います。色やデザインも実際に見るとネットと違う!?って事もありますから。
兎に角言いたい事は・・う〜んと、そうだな・・・百聞は一見にしかず・・って事でおk?


日本一周を応援していただける方は↓のバナーのクリックをお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村   にほんブログ村
↑のバナーでブログ村にジャンプ出来ます。面白いブログが見つかるかも

posted by クニャ at 19:20 | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。